古民家鑑定士になろう

Pocket

古民家鑑定士

古民家鑑定士という資格が存在するのをご存知でしょうか。古民家鑑定士は古い民家の保存、活用や再利用を目的とし建築的な立場や環境保全の点から、適切なアドバイスや情報を提供するのです。

古民家鑑定士の資格について詳しくみていきましょう。

古民家鑑定士とは?

古民家鑑定士資格試験を実施しているのは、一般財団法人職業技能振興会です。古民家の評価をすることを目的に創設された資格試験です。

古民家鑑定士の業務

古民家鑑定士の資格を取得できると古民家に関連するさまざまな業務を担うことができるようになります。

そのひとつが古民家の調査、判定、提案業務です。古民家とは主に築50年以上の建物のことを指すのですが、実際に古民家を鑑定して耐久性や希少性、住環境などを総合的に判断して古民家鑑定書を発行します。

古民家の知名度アップと古民家再生

古民家再生の促進も古民家鑑定士の業務のひとつになります。古民家を再生、移築する動きが多くなっていますがそれを促すのです。

他にも古民家の社会的認知度を高めるのも古民家鑑定士の大切な業務になります。古民家が今求められている長期優良住宅であることをアピールして、店舗や住居として定着ささせるための活動を行います。

古民家鑑定士になる手順

古民家鑑定士になるためには資格試験を受けて、合格する必要があります。古民家鑑定士の資格試験情報について紹介していきます。

受験資格について

古民家鑑定士は20歳以上の方であれば誰でも受験することができます。今までの経験や学歴なども問われませんので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

古民家鑑定士には2級と1級がありますので、まずは2級から挑戦してみることをおすすめします。

試験内容について

古民家鑑定士の試験は「結論」「伝統工法」「在来工法」の3科目に分かれており、それぞれの分野から出題されています。

それぞれの分野ごとに合格基準が定められていますので、1科目だけ点数が良くても他の科目で点数が悪ければ不合格となります。

また試験中は公式テキストの持ち込みが許可されていますが、しっかり勉強しておかないと合格は難しいでしょう。

再受験について

全ての科目で合格点に達しなければ、試験に合格できません。しかし1科目不合格であった場合でも不合格になり、合格に達した科目も再度受験しなくてはいけなくなります。

その場合は半年以内に再受験することをおすすめします。6ヶ月以内の受験であれば不合格になった科目のみ受験することができるからです。

この期間を過ぎてしまうとたとえ他の科目で合格点をとっていても、再度全ての科目を受験する必要が出てきてしまいます。

古民家鑑定士の試験対策

古民家鑑定士の資格にチャンレジするときはそれなりの対策が必要になってきます。古民家鑑定士の試験対策について詳しく紹介していきます。

独学でも受講可能

古民家鑑定士の資格試験勉強は独学でも可能です。試験中でも持ち込めるテキスト、「古民家解體新書?」を購入しましょう。

このテキストには古民家の特徴や部材、構造、古民家に関連する環境問題など古民家に関する情報が詰まっています。

古民家と仲良く暮らすための知恵や情報が満載ですので、これから古民家に住んでみたいかたには試験を受けなくても是非読んでいただきたい内容になっています。

これらをよく読んでおくことで、古民家鑑定士に必要な知識を身に付けられます。

受験対策講習会に参加する

独学で試験勉強するのが不安な方は、一般財団法人職業機能振興会が実施する講習会を受けましょう。

試験と一緒に申込みすることによって、講習会も受講できるようになっています。もしも以前試験に不合格で再受験される方は、受講料も少し安くなります。確実に合格に近づくためにも受講するのがおすすめです。

こちらの記事もどうぞ → 古民家再生リフォーム工事についての基礎知識